「作品作りは才能も何もない私でも、輝ける」サロンモデル『SAKI』にインタビュー♪

LINEで送る
Pocket


ヘアログのサロンモデルランキングで首位を獲得したモデルさんの魅力に迫るインタビュー企画。

今回は、普段はIT関連会社で勤務しながら、サロンモデルとしても活躍する「SAKI」さん。
学生時代からモデルのお仕事続けてきたSAKIさんですが、2年ほど前に一度そのモデルを辞めていた時期があったそうです。しかし、あるきっかけでモデルのお仕事を再開し、現在ではフリーモデルとして、アパレル通販カタログ、ECサイトモデル、ファッションショー、様々な媒体での広告モデルなど多岐にわたって活躍しています。

なぜ、好きだったモデルを辞めたのか、
なぜ、そのモデルをもう一度始めようと思ったのか、

その背景には、ある美容師さんとの出会いが関係していました。

仕事をとるか、モデルをとるか

── 本日どうぞよろしくお願いします。SAKIさんは今現在、IT系の企業に勤務されているとお聞きしました。

 
SAKI
よろしくお願いします!
はい、IT系の企業で事業戦略やマーケティングを担当しています。会社がフレックス制で、ある程度自由に時間を調整できるので、サロンモデルの撮影などは仕事前や後にお手伝いさせて頂いております。

── サロンモデルはいつごろ始められたのですか?

 
SAKI
サロンモデルを始めたのは私が大学生のころです。街で美容師さんに声をかけられたのが最初だったかと思います。サロンモデルを始めたころは、関西のモデル事務所に所属していたので、当時はファッションショーに出演したりもしていました。

── 当時からモデルさんとして活躍されてたんですね。モデルになろうと思ったきっかけって何ですか?

 
SAKI
関西の大学に入学した春に、大学キャンパス内で新田佳一さんという世界的にも有名なフォトグラファーの方や、モード誌「Numero」の編集長さんとコラボする写真展のイベントがあって、そのオーディションに受けてくれる人を探しているとスカウトされたのがきっかけです。昔からモデルというものに多少興味はあったのですが、まさか自分がなれるものとは思ってもいなかったのでその時はかなりびっくりしました。

そのイベントで、公開オーディションというものあったのですが、まさかの通過をすることとなり、撮影させていただいたのが最初のモデル撮影です。その時の撮影がとても楽しかったのもあり、モデルを始めてみようと思いました。

── それからは仕事をしながらずっとモデルを続けているんですか?

 
SAKI
大学を卒業して就職のため上京して来たのですが、社会人2、3年目の頃から3年間くらいまでは、読者モデルとして活動をしていました。でも、ちょうど2年ほど前に今の会社に転職した頃、モデルのお仕事を一切辞めることにしたんです。

── なんで辞めてしまったんですか?

 
SAKI
転職した当時は、仕事はもちろん、プライベートでもバタバタするようになり、モデルのお仕事を満足にできる時間がうまく取れなくなりました。本業と全く違う活動をしていることに当時は少し後ろめたい気持ちや恥ずかしいという気持ちもありました。それに、社会人になってから、仕事のスキルアップや少しでも仕事に役に立つことをしないと、と思っていたので、モデルとして仕事をする時間を勿体無いと感じてしまっていたこともあります。
会社かモデルかどっちかを取らないといけない状況になり、その時はすごく悩みましたが、会社でしっかり働こうと思い、モデルは諦めることにしたんです。

好きなことを諦めきれなかった

── なぜモデルもう一度始めようと思ったんですか?

 
SAKI
モデルを辞めてから2年ほど経ち、今年の2月くらいからヘアログさんに登録させていただき、フリーのモデルも再開しました。私はもうすぐ30歳になるのですが、仕事もある程度落ち着いて来て、ふと「思い残したことはないかな」と考えるようになりました。
本当はもっとモデルをやっていたかったんですが、モデルと会社の二者択一を選ばざるを得ない状況で、会社を選んだのですが、どこか不完全燃焼感のようなものがあり、もやもやした気持ちがずっと残っていたんです。

── もどかしい気持ちをずっと抱えてたんですね。

 
SAKI
そんなとき、ちょうど街を歩いていると、ある美容師さんからサロンモデルのスカウトをされました。当時は街で声かけられてもすべてお断りすると決めていたのですが、「ぜひ撮影を」というお話が来た時に、そのもやもやした気持ちを抱えて過ごしていた気持ちとうまく重なったのか、ふと「もう一回やってみようかな」と思い、撮影させていただくことがあったんです。

── サロンモデルのスカウトがあったんですね。

 
SAKI
はい、そしていざ撮影するとやっぱり私は写真やモデルをすることが好きなんだなったて思ったんです。好きなことを諦めきれてなかったんだと思いました。それからは、周囲の目や見られ方を気にせず、もっと自分が心から今やりたいことを大事にしてもいいのではないか?とも思うようになり、もう1度モデルを頑張ってみよう思いました。

今は企業と個人を繋ぐマッチングサービスも多く、スケジュール管理などもすべて自分でしやすくなったので、仕事をしながらでも空いた時間を使ってモデル活動ができることが嬉しいです。

ヘアスタイルを魅せるのがサロンモデル

── 撮影の際に気をつけていることはありますか?

 
SAKI
美容師さんから依頼が来たら、美容師さんのヘアスタイルを見て、どういう雰囲気で撮りたいのかを事前に掴むようにしています。それからそのイメージに寄せていくために、服装やメイクを調整していきます。尖ったメイクにしてしまうと、パターンを変えて撮影がある時に、複数パターンでの撮影が難しくなってきます。

私の場合、写真では、光で色が飛んで実際より薄くなってしまうので、基本的にメイクはナチュラルというよりは、テイストとしてはニュートラルなものにはするものの、チークとリップは日常のメイクより濃いめにしています。

── 撮影中はどんなことを意識していますか?

 
SAKI
撮影中は今どの部分が写っているのか、撮影されているのかを意識してポージングしています。撮影のパターンていくつかあると思うのですが、サロンモデルでいうと、あくまでヘアスタイルを魅せるためにあり、私がメインではないので、そこの前提は常に忘れないようにポージングや表情を変えています。

撮影によっては、全身を撮ることもあれば、上半身だけ撮る場合もあります。サロモ撮影は上半身を撮ることが多いのですが、上半身だけ写っているとはいえ、下半身の動きを変えると、上も微妙に変わってきます。手の添え方もそうですが、立ち方で印象が変わって来たりするのも面白いです。

あと、美容師さんが今の角度、表情が気に入ったんだろうなとテンションが上がる瞬間もあるので、その瞬間の美容師さんの納得度、納得の波を見失わないようにも心がけています。

── 印象に残った撮影はありますか?

 
SAKI
印象に残ったというかトラブルになったことがあるんですが、日程調整の段階から、3,4回のリスケがあって、当初の予定より1ヶ月半ほど撮影が伸びたことがありました。当日はスタイリングのみと伺い向かったのですが、「施術なしでは受け付けてない、でも施術するなら費用をいただく」と言われてしまったことがあります。その時は、つい最近カットもカラーもしたばかりで、お金払って施術はできなかったので、遠方に出向いたものの、その場で帰らせていただいたことがありました。うまく美容師さんとやりとりができていなかったことがありましたね。

あと、少し珍しいなと思った撮影でいうと、路上で歩いている風景をPV的に動画で撮影いただいたり、全身写真を撮っていただいたこともあります。サロンの撮影といっても美容室で撮ったり、スタジオで撮影があったり、動画のパターンがあったりと色々な撮影があるのは面白いですね。

才能も何もない私でも、輝ける

── モデルや撮影が好きな理由ってなんですか?

 
SAKI
何でモデルをやっているの?と聞かれることもあるですが、絵を描いている人や写真を撮っている人って、特別な理由もなく、ただ絵を描くのが好き、写真を撮るのが好き、という気持ちでやってると思います。私の中ではそれが撮影すること、されること、自分が写真に、作品になることで、ただ自分が好きなことをやっているだけなんです。

── 素敵なことですね。モデルのお仕事の魅力ってなんですか?

 
SAKI
これはモデルを始めた当初から今までずっと気持ちは変わっていないのですが、撮影中からみんなで一つのものを作り上げている空気感や、その結果、素敵な一枚の写真になる感覚にすごく魅力を感じます。私は、おしゃれなもの、綺麗なもの、可愛いもの、など視覚的に刺激を与えてくれるものが好きなんですが、絵を描いたり、音楽ができるような芸術的というか右脳的なセンスがまるでないんです。でもそういう芸術の才能に対してすごく憧れがあって…。

そんな才能のない私でも、写真やモデルになることで、素晴らしい作品の一部になれる、輝けることがすごく幸せに感じます。

おすすめ美容室

── 美容室選びのポイントを教えてください

 
SAKI
私の場合、気になる美容室のヘアスタイルのテイストを見て最終的に決めています。ヘアスタイルを見ると美容室の雰囲気がある程度わかるので、自分のなりたいテイストにマッチするところを探すようにしています。これと同じヘアスタイルにしてほしいという感じではなく、全体の雰囲気から感じる美容院の色を見て選ぶようにしています。同じショートボブだとしても大人っぽくなるのか、かわいいのが好きなのかは、その美容師さんのくせがどうしても出ると思うので、全体的なイメージが好みの美容室を選んでいくようにしています。

── おすすめの美容室を教えてください

 
SAKI
私がおすすめする美容室は表参道にあるのRAGUEL 【ラグエル】です。
こちらの美容室は、表参道に位置しておりますが、表参道っぽい今風な感じではなく、落ち着いた雰囲気でゆったりとした時間を過ごせるようになっています。担当いただいた谷口さんという女性の方も付かず離れずのすごく良い接客もあって、30代からの落ち着いた大人な方特にとても人気な美容室だと思います。

SAKIさんありがとうございました!
 


▼▽▼「スカウトバイヘアログ」でサロンモデルを始める▽▼▽
https://scout.hairlog.jp/


SAKIさん

LINEで送る
Pocket

hairlog

ヘアログをフォローして最新記事をチェック!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です