サロンモデル

挫折を乗り越え、自分に自信がついた。サロンモデル「ことねまる」インタビュー。



 
ヘアログのサロンモデルランキングで首位を獲得したモデルさんの魅力に迫るインタビュー企画。

今回は、昨年大阪から上京して来たばかりで、今は会社員として働きながらサロンモデルをする「ことねまる」さん。

過去に一度サロンモデルを挫折してしまった苦い経験やそこから再度挑戦しようと考えた思いなど語ってもらいました。

 


○●————————————————●○
「スカウトバイヘアログ」でサロンモデルを始める
https://scout.hairlog.jp
○●————————————————●○

想像している自分よりも可愛くない。


 
── 本日はどうぞよろしくお願い致します。
 
ことねまる
よろしくお願いします!
 

── サロンモデルを始められたきっかけを教えてください。
 
ことねまる
私は去年就職のため大阪から上京して来たばかりなのですが、サロンモデルを始める前は友達がほとんどおらず、あまり東京に慣れていませんでした。そこで色々と東京のことを知ってみたいと思い、普通だったら行かないような駅とかエリアに行けるというところに魅力を感じてサロンモデルをやってもみようと思いました。
 

── 知らない土地にお誘いがあって行けることって魅力的ですね。
 
ことねまる
そうですね。趣味といえる趣味がないのですが、美容室が行くことは楽しくてずっと好きだったので、サロンモデルだと好きな美容室にいっぱい行けることも大きかったです。
 

── 元々サロンモデルには興味あったんですか?
 
ことねまる
そうですね。私は雰囲気とか仕草が綺麗に映っているか、人からどう見られているのかがすごく気になるタイプなんですが、サロンモデルをすることで自分を外側から見つめ直せるんじゃないかと思っていました。実は大学生の頃にも何度かサロンモデルとして撮影をしたことがありました。
 

── 初めて撮影された時の印象はいかがでしたか?
 
ことねまる
大学生の時は知り合いの美容師や友達の紹介とかで撮影させていただくことが多く、初めてお誘いを受けた時はなんだか楽しそうという印象だったんですが、いざ実際にやってみると表情が固く笑えていなかったりと思ったように映らなかったんです。想像している自分よりも可愛く、綺麗に映らなかった事が悲しすぎて、撮影中から心が折れそうになってしまいました。
 

── あまりいいスタートではなかったんですね。
 
ことねまる
苦い経験でしたね。可愛く撮ってもらおうと思ってやってもらったのに自分の理想とはかけ離れた写真になってしまいました。その後も何度か撮影をしてもらいましたが、自分のできなさ、不甲斐なさに心が折れ、向いてないなと思って写真を撮られるのはやめようと思いました。
 

誘ってくれる限り、気持ちに応えたい


 

── 一度挫折したのにもかかわらず、再度始められたのは何か強い思いがあったんですか?
 
ことねまる
上京して仕事を始めて1年が経つ頃には心の余裕もできてきて、何か新しいことを始めたいなと思っていました。社会人になって東京に初めて来て、新しい場所でならもう一回できるんじゃないかと思い、勇気を出してもう一回挑戦してみました。
 

── 初めての東京での撮影はどうでしたか?
 
ことねまる
最初がたまたま撮影時間の長い撮影だったんです。服や髪のパターンを何種類も撮っていくので1時間以上かかったと思います。久しぶりの撮影でしたし緊張もしていて、顔が疲れてしまいました。出来上がった写真を見ても表情がとても硬く、美容師さんに申し訳なかったです。その時はまた心が折れそうになってしまいました。
 

── またしても苦い経験をされたにもかわらず、ここまで続けられたのは何か理由はあるんですか?
 
ことねまる
今考えると、立て続けに撮影にお声がけいただいていたことが一番大きかったと思います。最初に撮影した段階で既に2回目、3回目の撮影が決まっていたり、撮影日のやりとり中の美容師さんや新規にスカウトを送ってくださる方がたくさんいたので、誘ってくれているんだったらそれに応えなくちゃという気持ちがすごいありました。
 

── 重ねて撮影ができたこと、多くのスカウトが来ていたことが頑張れる要因になったんですね。
 
ことねまる
そうですね。とりあえず簡単に心折れたらだめと思っていたのはありますが、お誘いがたくさん来るので、写り悪いし、可愛くないし、申し訳ないなとか悲しかった時もありましたけど、誘ってくれている限りその分の返事や気持ちに応えたいと思いました。
 

挫折を乗り越え、自分に自信がついた


 

── 撮影には慣れてきましたか?
 
ことねまる
回数重ねていくうちにどんどん表情もやわらかくなって、この角度がいいとか、目線はこうした方がいいとか分かるようになってきました。表情も写真も良くなりましたね。自信持って撮影に向かうことができるようになったので成長したなと実感しています。
 

── いい写真を撮るために心がけていることはありますか?
 
ことねまる
前もって美容師さんとしっかりコミュニケーションを取るようにしています。信頼関係ができることで、心にゆとりができて、リラックスして表情を作ることができます。美容師さんとのコミュニケーションはすごく大事だなと思います。あとは個人的にいい表情を作るために家で練習したり、友達や妹にアドバイスをもらったりもしています。
 

── 妹さんからアドバイスですか?
 
ことねまる
妹に美容室で撮ってもらった写真を見てもらい、この写真、この表情写り悪いんだけど、どうしたらいいと思う?って聞いたりしています。妹もサロンモデルの経験があって私より写真撮られるのが上手いんです笑。このアイラインをこう引いたら、こう映るとか、角度変えた方がいいとか辛辣な意見をくれるので、妹をいつも参考にしています。人に見てもらった方が客観的な意見をくれるので、いい表情と作るためには人に聞いた方がいいと思います。
 

── 撮影では最初の頃と比べて変わったことはありますか?
 
ことねまる
撮影が怖くなくなりましたね。最初は美容室に行くときにいい写真が取れなかったらどうしようというドキドキがあったんですが、今ではいい意味でそういう不安な気持ちはなくなってきたと思います。慣れていない時は、撮影中に顔がこわばってしまい、どんどんテンション下がってしまうこともあったんですが、今では逆にテンション上げて撮影できるまでになりました。
自分に自信がついたことが大きく、私なんて…..という気持ちは少なくなりました。
 

── 美意識として変わったことはありますか?
 
ことねまる
今までは髪を乾かさないまま寝てしまったり、髪の毛を雑に扱ってしまうことがあったんですが、サロモを始めてからは人に触ってもらうことが増えてきたので仕事として綺麗に保たないといけないと思うようになりました。お風呂上がったらこれを絶対つけるなど、どんなに眠たくても寝る前のヘアケアを怠らないように頑張っています。
あと、美容師さんに髪をセットしてくれる機会が増えたので、撮影以外の日も自分でそれを参考にして試してみたり、普段から髪のおしゃれを楽しむようにしています。
 

── サロンモデルとしての今後の目標を教えてください
 
ことねまる
今は写真撮ってもらっても写りが悪い写真が割合的にも多いのですが、これはだめだなという写真がないくらいには綺麗な写真を撮れるようにしたいです。平均以上の写真を撮れるようになり、その中から100点が出せるサロンモデルになりたいです。
 

おすすめの美容室


 

── 美容室を探す上で大事にしているポイントはありますか?
 
ことねまる
口コミは絶対見てからお店を選びます。評価が低い美容室だとやめておこうと思ったりすることもありますが、一度あまり評価が良くない美容室でも実際行ってみるとそんなこともなく、とてもいい美容室だったこともあります。正直口コミってどうなのかって思う部分もありますが、なるべく失敗したくないので時間はかかりますが、いい口コミと悪い口コミ両方を必ず見てから美容室を選ぶようにしています。
 

── おすすめの美容室を教えてください
 
ことねまる
私がおすすめする美容室は東京の成増にあるモリオ・フロム・ロンドン成増3号店です。大島知子さんという方からモデルのスカウトをいただき、施術をしてもらいました。その時はカラーとカットをしてもらいましたが、私の細かい要望に対してしっかりと髪を整えてもらい、カラーの色を決める時には私の好みを聞きつつ、似合う色を提案してくれたりしたりと親切に対応してくださいました。お話もたくさんできてコミュニケーションを多く取ってくれたので、とても楽しい時間を過ごすことができました。
 

ことねまるさんありがとうございました!

 
 

この投稿をInstagramで見る

@k_t_sisがシェアした投稿


○●————————————————●○
「スカウトバイヘアログ」でサロンモデルを始める
https://scout.hairlog.jp
○●————————————————●○


ヘアログをフォローして最新記事をチェック!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です