《サロンモデルインタビュー》tomo.「自信があるってとても綺麗」

LINEで送る
Pocket


 
 
ヘアログのサロンモデルランキングで首位を獲得したモデルさんの魅力に迫るインタビュー企画。

今回は社会人一年目、会社員として働く「tomo.」さん。

今までのサロンモデルとはどこか違う、謎めいた雰囲気を持つ彼女。

その不思議なイメージには、彼女が抱えているある思いが関係していました。

tomo.さんの魅力と、その秘密に迫って行きます。




自分に自信がある人ってとっても綺麗

── サロモを始めてどれくらいですか?

 
tomo.
実は最近始めたばかりでして、まだ2ヶ月くらいです!普段は会社員として働きながら、空いた時間で少しずつですが撮影をしています。

── サロモを始める前にモデルのようなお仕事はされていたんですか?

 
tomo.
いえ、被写体のような仕事は全くやったことがなく、サロンモデルが始めてです!私はもともと写真を撮られるのがあまり好きではない写真嫌いな人間なのでモデルの仕事とは完全に無縁でした。

── 今のイメージからは写真嫌いだったことが想像できないです。

 
tomo.
女の子って友達同士で普段撮った写真を共有することがよくあるんですが、グループに送られて来る写真に自分が全く写ってないことがよくあります笑。
自分の顔が全然好きではなかったので、それが写真として残ることがすごく苦痛で、いつも写真から逃げていていました。

── そんな写真嫌いのtomo.さんがなぜサロモを始めるようになったんですか?

 
tomo.
写真嫌いを克服したいという思いが強くなったことがきっかけだと思います。
私はブランドの服やアクセサリーなどを普段全く着ることはなかったもので、いわゆる高級ブランドが出しているネイルや香水をつけている人の気持ちが全く分かりませんでした。服やアクセサリーだったらまだしも、ブランドのロゴが見て分からないネイル(原料)や香水って誰がそのブランドって分かるの?それってブランドの意味があるの?って感じで身に付けている人を不思議に思っていました。
以前知人にその話しをすると、
「それって結局自己満足なんだよ。誰にも分かってもらえなくても、ただ好きで、身につけてるだけで幸せだからそうしてるんじゃない?」
こういう返答がきて、この考えって当時の私には全くなかったのでびっくりしました。
自分がいいなと思えることは、他人には決められない。この考えってとても素敵だなあと感じたことを覚えています。

そんな自信に溢れた人に私もなりたいと思い、何でもいい!なんか自信が持てるようになりたい!自分を変えたい!自信がほしい!そういう想いで写真嫌いを克服してみようと、インスタとヘアログでサロモを始めることを決めました。

立派なことなんて何もできていない

── 始めて撮影をされた時はどんな気分でしたか?

 
tomo.
最初の4、5回はすごく緊張していました。写真が苦手な自分がいきなり本格的な撮影をすることなんて夢にも思っていなかったので表情も硬かったし。撮影後に写真がデータで送られて来るんですが、最初の方は全部表情とかポージングが一緒なんですよね笑。バリエーションも当然なく全然ダメでした。
こんな状況でもホームページに大きく載せてくれたり、またお願いしますといってくれるサロンもあって、これじゃだめだな、申し訳ないなと思うようになり、角度とか、ポージングを研究していくようになりました。

── 撮影の際の角度やポージングはどのように決めていますか?

 
tomo.
私は、施術が終わり最後の髪をセットしてもらっている最中に、ネットや雑誌でカタログを見てその時に見たものを、その場で表現するようにしています。まだまだ撮影は緊張してしまうので事前にやろうと思っていたものも結構飛んでしまうことが多いので、撮影直前のセット時間に確認するようにしています。美容師さんに教わりながら確認できるので、ちょっとずつバリエーションも増えてきたように思います。

── 数をこなしていく中で、少しずつ撮影に慣れてきてらっしゃるんですね。

 
tomo.
最初に比べると写真嫌いを克服している感じはするのですが、自分ではまだまだだと思ってて、プライベートでは写真はほぼ撮らないですし、ワイワイしているところで撮られるのはまだ苦手ですね。昔からの友人にもサロモをやっていると伝えているのは一人二人くらいですし、現場で会ったモデルさんに、一緒に写真撮ろうと誘っていただいても恥ずかしくて断っちゃいます笑。

── 現場で会う他のモデルさんと自分とではなにか違うなと感じることはありますか?

 
tomo.
そもそも自分では、まだまだサロンモデルと呼べるほど立派なことができていないと感じてます。撮影の現場でお会いする他のモデルさんはみんな別の世界の人だと思うくらい、どの表情、どの角度でも本当に可愛いし、お綺麗な方ばかりです。自分の撮影が終わった後に、モデルさんの撮影を見させていただくことがあるんですが、一つ一つの表情も自分に対して自信があるからこそ、素敵な雰囲気をオーラのように出しているように見えて、そういうのを実際に目にすると、自分はモデルとしても、自信を持つようになるというところでも、まだまだと痛感します。
でも、こんな私でも頑張って撮影したことでそれが他の依頼に繋がったり、コメントをいただくことがあるので、少しずつですが自信が付くようになり、今ではカメラの前に立つことだけでいうと苦ではなくなったような気がします。

影が見え隠れする個性と美しさ

── tomo.さんは他のモデルさんとは少し違った雰囲気を感じますね。

 
tomo.
変わっているねとはよく言われます笑。でも私にとってそれは嬉しいことで、人とかぶったり同じであることよりかは個性があるってことだっていいことだと思っています。
私が学生の頃は男性の好きなヘアスタイルってロングとショートで分けると、7:3くらいだったんだと思うんです。それだけみるとロングをとれば間違いなく人気がでるという考えになるんですけど、自ずとロングにする女性の母数が多くなるので、逆の母数の少ないショートへ行くと競争する相手が少なくなり、逆にモテるのかなと思ってショートとかにしていました笑。おそらく当時から人と違うことで個性を作りだしたいと考えていたんだと思いますね!

── なるほど笑。もうずっとショートヘアーなんですか?

 
tomo.
ロングに憧れていた期間もあって、エクステをしていた時期があったんですが、1週間も経たずすぐに外してしまったことがあります。周りの人から似合わないと言われたわけではないんですが、というよりかは鏡を見ると、どこにでもいる人になっちゃった感覚がありました。それがすごい嫌で2、3万と割と高いお金を払ってつけてもらったエクステにかかわらず、短い期間で外しちゃいました。それだけ人と同じなのが嫌だったんだと思います。

── 他に人と変わっているなって思うことはありますか?

 
tomo.
女の子では少ないと思うんですが、かなりのゲーマーです笑。あとは爬虫類が大好きで爬虫類カフェとかよく行きます。
ヘビとかトカゲとかって一般的に気持ち悪いっていう印象だと思うんですが、爬虫類の魅力は無表情が可愛いところで、犬とか猫とって喜んだり怒ったりすると、わかりやすく表情にでてそれが可愛いと思うのですが、爬虫類は表情が一切ないのにもかかわらず可愛いんです!笑。どんな状況でも変わらない。そんな爬虫類にぐっときちゃいますね。

── 面白い!ネガティブな印象が逆に可愛く見えるんですね!

 
tomo.
爬虫類には、なにか他の生物にはない違った魅力があって、そこが個性なのかなって。しかもそれが可愛くて素敵なんです!
私ってどこか陰とか闇がある人に共通点や憧れの気持ちを抱くことが多いんです。私は好きなモデルさんやアーティストさんがいるのですが、その人たちはただ美人、ただ可愛いというだけではなくどこか影が見え隠れするところがとても素敵で個性や美しさを強く感じることがあります。私もこういう個性のある魅力的な人になりたいと思っています。

── 今後挑戦してみたい撮影とかありますか?

 
tomo.
本当にありがたいことにファッションブランドのモデルやヘアショーのご依頼をいただくことがあるんですが、大勢の人に生で見られるのはまだ若干抵抗があって、今はひっそりと写真を通して自分なりに表現できればいいなと思っています。今は、自分に自信が持てるように写真嫌いを克服することにコツコツ向き合っていきたいと思います。

おすすめ美容室

── 美容室を選ぶポイントを教えてください!

 
tomo.
私が美容室を探す時は、ホームページやSNSなどを見て美容師さんが自分の雰囲気と似ている人かどうかを見ています。ファションセンスや髪型、あとはブログなども見て自分と好みが似ている人を探すと、いい美容師さんに出会えることが多いと思います。失敗したくない人にはおすすめの探し方かもしれません!

── tomo.にとっていい美容師さんの基準って何ですか?

 
tomo.
最近すごく感じるのは、ちゃんと個人レベルでお客さんの好みに仕上げようとしてくれているのかがとても大切なのかなと感じています。
美容師さんの中には、自分の可愛いを作ろうとする美容師さんがいて、それが流行りのヘアスタイルで素敵なデザインであったとしても、なんかしっくりこないことがあります。お客さんの好みに合わせるというか、私に興味を持ってくれているかどうかってリピートするかしないかの大きな基準です。一歩通行ではなくて、この人はこういうのが可愛いと思う感覚の人なんだとか、何を目指しているのか、どうなりたいのかなどを真剣に聞いてくれて、私を知ろうとしてくれる人がいいですね。

── いち個人として見てくれると嬉しいですね!

 
tomo.
そうですね!女性ってふわふわしているのが可愛い(男性がそういう女性が好み)ってイメージがあってそれは世間一般的にそうであるのって理解しているのですが、私は割とぱきっとしたスタイルが好きなので、ふわふわが私の思う可愛いではないんですよね。私の好みを引き出してくれて合わせて施術してくれる人だととても嬉しいです。

── おすすめの美容室(美容師)を教えてください!

 
tomo.
私がおすすめするのは東京の吉祥寺にあるHAIR&MAKE SeeK 吉祥寺の店長である神山さんです。神山さんは私がヘアログで最初に依頼をいただいた方なんですが、とてもお話も面白い方で、もちろん技術も申し分なく、人として素敵な魅力がある方です。神山さんが撮影してくれた2パターンの写真をインスタに載せてあるんですが、それが今のインスタの中でいいねが一番多い投稿になっています。データをもらった時には素敵すぎて感動してしましました。

── おすすめする一番のポイントを教えてください!

 
tomo.
先ほどの話に戻るんですが、いち個人として私を見てくれることが嬉しいのもあるんですが、神山さんの場合は、私の好みを上手く引き出してくれた上で、何パターンか流行を取り入れたヘアスタイルの提案をしてくれます。提案いただいたスタイルが完成するとドンピシャで私の好みを抑えた、かつ今どきのおしゃれなスタイルになっていて、ただただびっくりしていました。
お店もテラスがあったりとてもおしゃれで素敵な雰囲気なので、こちらをおすすめさせていただきます。


いかがでしたでしょうか?

サロンモデルになる理由って人それぞれだということを再認識させられたインタビューでした。

個性も自信もまだまだだと話す彼女ですが、精一杯自分と向き合い、嫌な自分を克服しようと頑張っている姿こそ、とても綺麗なだと感じました。

今後の活躍に期待しています!

ヘアログは今後のtomo.さんの活動を応援して行きます。
tomo.さんどうもありがとうございました!

 

▼▽サロンモデルを始める▽▼
https://scout.hairlog.jp/

tomo.

LINEで送る
Pocket

hairlog

ヘアログをフォローして最新記事をチェック!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です