サロンモデル

オペラ歌手を目指す、学生サロンモデル「かわむかいくるみ」にインタビュー!



 
ヘアログのサロンモデルランキングで首位を獲得したモデルさんの魅力に迫るインタビュー企画。

今回はオペラ歌手を目指し、東京藝術大学院に通われながらサロンモデルをする「かわむかいくるみ」さん。

サロンモデルを始めたきっかけやスカウトをもらいやすくなるコツ、美容室を選びのポイントなど語ってもらいました。

 


○●————————————————●○
「スカウトバイヘアログ」でサロンモデルを始める
https://scout.hairlog.jp
○●————————————————●○

歌いたい


 
── 本日はどうぞよろしくお願い致します。
 
かわむかいくるみ
よろしくお願いします!
 

── かわむかいくるみさんは今、大学生ですか?
 
かわむかいくるみ
はい、今は東京藝術大学院の1年で、音楽研究科のオペラ専攻に在籍しています。
 

── オペラを勉強されてらっしゃるんですね!
 
かわむかいくるみ
はい、高校二年生の頃から将来オペラ歌手として活躍したいと思うようになって、それから勉強を始めて、一浪してから藝大に入りました。
 

── オペラ歌手を目指すきっかけはあったんですか?
 
かわむかいくるみ
私は小学一年生から高校二年性までは、ずっとヴァイオリンを習っていてアンサンブルとかオーケストラを目指していこうと思っていたんですが、チェロの演奏者だった知人が作曲家になりたいと進路を変えたことをきっかけに、私も本当に自分がやりたいことは何なのかを見直すことがありました。
 

── それでヴァイオリンリンからオペラに?
 
かわむかいくるみ
色々考えていく内に、元々小さい頃から劇団四季が好きでよくDVDを見たりしていたこともあって、劇団四季(ミュージカル)を目指したいなと思ったんです。でも、それを知人に相談すると「声質的にオペラの方が向いてるんじゃない?」と提案されることがありました。え?っと思ったんですが自分でも改めてオペラを見てみると、確かに歌の発声とかがミュージカルと全然違うし、自分の声に合っているのはオペラなんだと思って、オペラを勉強してみようと思い、始めました。
 

── 10年以上やってきたヴァイオリンから声楽に変えたのはすごい決断ですよね!
 
かわむかいくるみ
声楽の先生もそういう転向は異例なことらしく、びっくりされていました笑。
将来を考えていく内に「歌いたい」という気持ちが強くなっていることに気づいて、たくさん悩みましたが、今はこの道を進んでいけることでとてもワクワクしています。
 

サロンモデルとオペラは似ている


 

── サロンモデルはいつ頃始められましたか?
 
かわむかいくるみ
サロンモデルは約1年半前に知人の紹介で始めました。ここ最近では週3くらい撮影をさせていただいています。コロナの影響で4月あたりは予定されていた撮影が全部キャンセルになったりと大変でしたが、5月の終わりくらいからまたご依頼いただける機会が増えてきたと思います。
 

── 元々サロンモデルには興味があったんですか?
 
かわむかいくるみ
大学の友達でサロンモデルをやっている方が多かったので、楽しそう!と思って興味はずっと持っていました。自分が結構不器用なのもありますが、髪質的にも巻いたりとか外ハネとかがあんまりできる髪質でなく、すぐ取れてしまったりしていたこともあり、ヘアアレンジをする機会がなく毎日ストレートヘアで過ごしていましたんですが、サロンモデルは色々なヘアスタイルをプロにやってもえらえるので、自分に似合うものを探してもらえたり、自分ではできないヘアスタイルをできるところが魅力だなと思っていましたね。
 

── サロンモデルを始めたきっかけはありますか?
 
かわむかいくるみ
ある時大学の友達から、「サロンモデルはオペラにも役立つと思うよ」と勧められたことがあったんです。最初は、え?ってなりましたが、確かにオペラは表情がとても大切なので色々な表情をつくる点で勉強にもなると思い、自分もやってみるようになったのがきっかけです。それからヘアログを教えてもらって登録させてもらいました。
 

── 表情を作る点では、サロンモデルとオペラは似ているんですね。
 
かわむかいくるみ
私はどんなに楽しい歌でも怪訝な顔になってしまう癖があって、眉間にシワが寄ることがすごく悩みだったんですが、それを意識して撮影をしていく内に周りからも「綺麗に笑えるようになったね」と言ってくれることがあり、本当にサロンモデルをすることでオペラで使う表情も変わってきました。
 

髪のこだわりと依頼がくるコツ


 

── 髪のこだわりはありますか?
 
かわむかいくるみ
オペラや演奏会などでよくドレスを着る機会が多いのですが、長い髪の方がドレスだと映えることからずっとロングヘアでした。また重鎮の役をするときなどオーラを出さないといけない時はある程度髪が長くないとオーラが出にくいので、そういう意味でも様々な役や目的にあわせて融通が効くロングヘアをなるべく維持していました。
でも最近、サロンモデルの撮影でミディアムくらいまで切ることがあったんですが、似合わないと思っていた長さでも意外と似合うことがわかって、それからは少し前よりかは短めの長さにしています。
 

── ヘアスタイルを変えて周りの反響はありましたか?
 
かわむかいくるみ
私が老け顔なのでロングだとだいぶ年よりも上に見られることが多かったのですが、ミディアムにしてからは「若く見える」「幼く見える」と言われるようになりましたね。一度ミディアムから、さらにショートに短くしませんかって言われたこともあり、顎下くらいまで切ったことがあるのですが、それが大事な演奏会の前だったので母に「融通効かないから切っちゃダメでしょ今は。」と怒られました笑。でもショートも周りから「垢抜けたね」と言ってもらえて、好評ではあったのでまた機会があればやってみたいです。
 

── 撮影で難しいと思うところはありますか?
 
かわむかいくるみ
最初の方は、「笑顔でお願いします」と求められた時にはどうやって表情をつくるんだと、笑い方がわからなくてすごく困っちゃいました。いつもはクール系で上から目線からの表情を求められることが多かったのですが、笑顔だと何%くらいの笑顔がいいのか、正解が分からなくて迷ったことがあります。普段慣れない笑顔の撮影なので、顔は引きつってしまい、「もっとリラックスしていいよ」って言われることもありました笑。
 

── 今は少し慣れてきましたか?
 
かわむかいくるみ
美容師さんとかカメラマンさんも上手なので、「可愛い可愛い!それそれ!」ってすごく褒めてくださるので、自信を持つことができて、今ではだいぶ自然に笑えるようになりました。

あとは事前に美容師さんのヘアログやインスタを覗いて、写真の特徴を調べてから行くようにしているんですが、例えば笑顔の写真でもどのくらい笑っているのかを調べて、こういう表情がいいのかと思ってその笑顔を真似して練習したりしています。
 

── スカウトが増えるコツを教えてください。
 
かわむかいくるみ
私を依頼してくださる美容師は私のクール系の写真を見て選んでいただいているんだと思います。クール系の写真に特化したことで、需要と供給が一致しているんだと思います。

また、美容師さんのヘアログのページをみて、「行ってみたい」ボタンを使うとその人から依頼がいただけたりするので、この人と一緒に撮影してみたいなと思ったら、自分からアクションすることも大事だと思います。
 

心の隔たりを無くしてくれる場所


 

── サロンモデルを始めて変わったことはありますか?
 
かわむかいくるみ
コミュニケーション能力がついたことが大きいと思います。
私はずっと自分に自信がなく、小さい時には人を見たら泣いてしまうこともあり、対人恐怖症なんじゃないかと周りの言われるくらいの人間でした。大学に入学した時もずっと一人で授業を受けていて、どうやって友達作るんだったっけ?と思うくらいコミュニケーションが得意ではありませんでした。

でも、サロンンモデルでは美容師さんがやっぱり明るい方とかお話を振ってくださるのが上手な人が多いので、会話がスムーズにできるので、こういう風に話題を振ったらいいんだとか勉強することができ、友達の間でも話がスムーズにできるようになりました。
 

── コミュニケーション能力がついたんですね!
 
かわむかいくるみ
そうですね、今までは話していてもすぐ沈黙になっちゃうみたいな感じだったんですが、人に対して興味が出るようになった気がします。なんでこういうことしているんだろうとか、質問をすぐ思いつくようになりました。

これも、撮影中もすごく褒めてくれ、笑ってくれ、心の隔たりを無くしてくださる美容師さんのおかげです。
 

── これからの目標を教えてください。
 
かわむかいくるみ
ナチュラルでみんなができるヘアスタイルを撮っていただくことが多いのですが、それ以外で普段しないような髪型とメイクで撮影することもあるのですが、そういう作品としての撮影が今とても楽しいなと思います。芸術的なものが好きなので、表情などをもっと研究して、いろんな人の作品作りに携われていけたらいいなと思います。

あと、オペラの劇場に入りたいです。その過程としてイタリアやドイツなどでレッスンを受けれるようになって、いずれは日本に帰って来てオペラ歌手として活躍したいと思っています。

色々美容師さんとかとお話しすると、オペラって何?って感じで聞かれることもあって、まだまだ実際見たことない人や詳しくご存知ない人も多いので、極力美容師さんとオペラの話をしたりもしているんですが、ちょっとずつでもオペラの魅力がたくさんの人に広く伝わっていければいいなと思っています。
 

おすすめの美容室


── 美容室を選びのポイントを教えてください。
 
かわむかいくるみ
どれだけリラックスした時間を過ごせるかどうかをとても大切にしています。
緊張してしまい、気を遣っちゃって気疲れして帰って来たこととかも過去にあったので、美容師さんと話して、大笑いして帰ってこれるのが理想です。そういう美容師さんって余裕があるからこそお話できるのでヘアスタイルとかアレンジも上手な方が多いと思います。
 

── おすすめの美容室(美容師)を教えてください。
 
かわむかいくるみ
私がおすすめする美容室は、表参道にあるGENT+ HONEY HEAD DESIGN(ジェント アンド ハニー ヘッド デザイン)です。
担当いただいた斎藤駿斗さんにヘアログでサロンモデルとしてスカウトいただいたのがきっかけで、行くようになりました。斎藤さんに「前下がりボブをやりたいんですが、いいですか?」とショートを提案してくださったのですが、これがびっくりするくらい素敵なヘアスタイルになって、すごく私に似合う髪型にしてくれました。周りにもすごく好評だったので、それからはサロモ以外でもカットをお願いするようになりました。いつもお話も楽しく、リラックスできる美容室です。
 


○●————————————————●○
「スカウトバイヘアログ」でサロンモデルを始める
https://scout.hairlog.jp
○●————————————————●○


ヘアログをフォローして最新記事をチェック!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です